Skip to main content

ディレクトリ の命名について

note

ビルドする前提です
CMS やフレームワークを使う場合は公式の推奨に従います

基本ルール#

ページ関連#

  • scr/pagesの中に入れる ※デプロイ方法がややこしくなる場合はこの限りではない
  • category.htmlなどではなく、category/index.htmlのようになるべく index.html とする

画像、CSS、JavaScript、Font 関連#

  • scr/assetsの中で管理する。
  • ↑ の直下にはimages,css,js,fontのフォルダに分けて管理します。
    • cssとしているがscssなども格納されます。scss,sassなどで命名に迷いが出るのを避けるためcssとします。

ソースの管理#

画像の場合#

  • imagesの直下にはcommon,pages,icon,bannerのフォルダに分けて管理します。

CSS(SCSS)の場合#

  • cssの直下にはbase,config,pages,componentに分かれます。
  • vendorなどは作らずになるべくnode_moduleから読み込みます。
  • 最終的にstyle.scssで集約してコンパイルする形にします。

JavaScript の場合#

  • 最近は Vue,Angular,React といった JS フレームワークを使うことが多く、フレームワークに準じます。
    • ※どれもimportを活用する方法が多く、vendorなどのディレクトリをつくらず管理するようにします。