デザインのレビューをするときについて

レビューをしてもらう準備

レビューするときは下記の情報を出します。

何をデザインしたのか
今回のレビューの対象範囲を説明してもらいます。
ユーザーは何がしたくて、そこのページにいるのか/その機能を欲しているのか
レビューする際に既存の内容と矛盾がないようにするため、また改善案をフォーカスして出すために利用します
このデザインが FIX して次のフェーズは何をするのか
ワイヤーであったり FIX 目前であったりと今の品質がどのラインにいるのかをわかった上で、今必要なレビューにスポットを当てます。
最終決定者は誰か
意志決定者の好み(大切にしていること)を踏まえてレビューします。
どんなところを見てほしいのか
不安と自信を共有してもらいます。